腎臓病センター

オーバーナイト透析Overnight Dialysis

オーバーナイト(長時間透析含)透析

当院では、透析時間に関わらずオーバーナイト透析が可能です。就寝時間を有効利用したい方、長時間透析を行いたい方など、透析をされる皆さんのご要望に応える透析を行います。
オーバーナイト透析の最大の利点は、就寝時間を利用するため長時間の透析が可能になります。これにより合併症の減少や、良好な生命予後の獲得などさまざまな効果が報告されています。

  • 食事を希望される方は、有料にて承ります。(夕食¥500/朝食¥300)
  • テレビは無料で視聴できます。イヤホンをご用意ください。
  • 消灯は23時ですが、安全確認のため一部の照明を点けたままにします。気になる方はアイマスクなどをご用意ください。
  • シャワーを利用される方は、タオル、シャンプー、石鹸等をご用意ください。

オーバーナイト透析実施の流れ(入室時間19:00~)

当院外来専用透析室にて行います。透析中の機器チェックは原則1時間ごと、バイタルサインチェックは、睡眠を妨げないよう透析開始時、開始後1時間、透析終了時の3回です。
長時間透析となると、気が遠くなるように感じるかたが多いと思いますが、実際の体感は、1~2時間程度と言われています。私たちが夜就寝してもすぐに朝が来る感覚とさほど変わりません。

実施日 月・水・金のみ オーバーナイト透析実施の流れ

オーバーナイト透析への移行条件

  • 日中にフルタイムで仕事をされている方
  • 透析導入後1ヶ月以上経過されている方
  • 一般状態ならびに透析中の状態や経過が安定している方
  • 日常生活動作が自立できており、介助が不要な方
  • 穿刺が容易な方
  • 止血操作が自分でできる、または止血ベルトが使用できる方
  • 睡眠時無呼吸検査で異常がないこと
  • 重篤な合併症や既往がないこと
  • 体重管理を含めた自己管理が出来ていること
  • 自宅にて定期的な血圧測定が実施できる方
  • 毎月1回の外来受診のできる方(9:00~17:00)
  • 1時間あたりの除水量は、体重×10mLまたは除水トータルが体重の5%を超えないこと
  • 上記12項目をクリアし、かつ主治医が許可された方
  • オーバーナイト実施規約に承諾頂ける方

オーバーナイト透析(長時間透析)のメリット

身体症状の軽減

透析後のだるさ、足のイライラや下肢つり、発汗異常、口腔乾燥、皮膚のかゆみ、黒ずみなどの症状を軽減できます。

食制限の緩和・食欲増進

塩分や水分の制限は必要ですが、十分な透析を行うことで通常よりも緩やかな食事制限が可能となり、十分な栄養補給が可能となります。

良好な生命予後

長時間透析を行うことにより血圧の安定や、貧血の改善、透析患者さんの死因の第一位の心疾患の予防や透析アミロイドーシスなどの合併症の軽減にも期待できます。

薬剤の減量

血圧やリン、カリウム値の低下や貧血の改善によりそれに伴う薬剤の減量が期待できます。

ストレスの減少

就寝中に透析を行うことで、体感時間が大幅に短縮され、ベッド上での拘束が薄れ、ストレスの軽減になります。

※以上は、一般的長時間透析で報告されているメリットで、時間透析の効果を保証するものではありません。ご了承ください。

お問い合わせ

札幌南一条病院 透析室

011-271-3711 内線2400