院長挨拶


 

hiroyuki koba
 


   当院は呼吸器疾患患者さんを中心に受け入れを行っており、 特に肺がん
  患者さんについては20余年にわたって、数多くの診断、治療を積み重ねて
  参りました。
   診断に関しては、PET-CT・マルチスライスCT・MRI等の最新の画像診
  断機器や確定診断のための超音波気管支鏡を完備し、 できるだけ患者さん
  に負担をかけない迅速な診断を行っています。
   一方、 治療においては、内科的治療、外科手術ともに高い実績を維持し
  ており、 症例数では全国でも有数の病院となっています。内科的治療にお
  いては、 従来の化学療法に加えて、分子標的剤や免疫チェックポイント阻
  害剤など、 病態に応じた新規薬剤の使い分けが可能になり、難しいと言わ
  れていた肺がんの予後を改善しつつあります。 外科手術においては、胸腔
  鏡を用いた低侵襲手術に加えて、 さらに負担の少ない縮小手術などに適応
  が拡大されつつあり、手術例数も全国トップレベルの水準にあります。
  豊富な経験を有する呼吸器内科医と呼吸器外科医により診断から最新の治
  療まで、 患者さんの満足度の高い治療を提供できるものと思っています。
   また、 肺がんに合併する呼吸器疾患として肺気腫や慢性気管支炎、塵肺
  などに対応する他、 気胸に対する外科手術も数日の入院で可能となってい
  ます。 一方、 全身性の多様な病態に対応するために、脳外科および内科
  を開設しています。 また、病気の早期発見、健康づくりをめざして『健診
  センター 』を併設しております。
    病気の治療においては、患者さんと医師、医療スタッフのコミニュケ-
   ションが何よりも重要であり、病院の理念にも掲げられているように
  『 患者さんにとって最もよい医療を提供する 』ことを肝に銘じて診療し
  て行きたいと思います。
                            
                           院長 小場 弘之
ページのトップへ戻る