禁煙外来


診療時間  
   毎週 水曜日 13時30分~16時00分(完全予約制
  
  


保険で治療できる条件  
  ①直ちに(1か月以内に)禁煙しようと考えている。
  ②ニコチン依存度スクリーニングテスト(TDS)で5点
   以上でること。
  ③喫煙指数が200以上あること。  


お問い合わせ・ご予約  
  ①当院に、通院(されている方・されていた方)は
   外 来(011-233-3727 直通)にお問い合わせくだ
   さい。
   【平 日】/14:00~16:30
   【土曜日 /11:00~12:30の間にお電話ください。
  ②初めて当院を受診される方、
   地域連携室(011-233-3010 直通)にお問い合わせ
   ください。
   【お気軽にお問合せください】


禁煙にチャレンジしてみませんか?  
  タバコの煙にはニコチン、タール、一酸化炭素などの有害
  成分が多く含まれているため、喫煙者だけでなく、まわり
  の人の健康にも大きな悪影響を与えます。
  


タバコが引き起こす病気  
  がん(肺がん、喉頭がん、咽頭がん、食道がん、胃がん、
  肝臓がん、すい臓がん、膀胱がん、その他のすべての臓器
  が、タバコの発がん物質の影響を受けています。)慢性閉
  鎖性肺疾患(COPD)、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、胃
  十二指腸潰瘍、歯周病など
   
   あなたとあなたのまわりの人の健康のために、禁煙
   してみませんか。
   
  まずは喫煙習慣を分析してみましょう!
  禁煙を始める前に自分のニコチン依存度がどの程度か
  知っておくことが、禁煙に役立ちます。
  


ニコチン依存症のスクリーニングテスト  
  ニコチン依存症のスクリーニングテストで依存度の判定をし
  てみましょう。
   合計点数5点以上でニコチン依存度が高いと診断されます
  *保険で治療できる条件はスクリーニングで5点以上で
   喫煙指数(1日の喫煙本数 × 年数)が200以上の方
   となります。
    
   例1 1日の喫煙本数 15本で25年吸ったとします。
      喫煙本数は(15本×25年)= 375 となります
   例2 1日の喫煙本数 10本で15年吸ったとします。
      喫煙本数は(10本×15年)= 150 となります

★あなたの喫煙指数

    ×   = 
 問 設問内容        はい 1点 いいえ 0点
 問1  自分は吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸
ってしまうことがありましたか?
 問2  禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったこ
とがありましたか。
 問3  禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコ
がほしくてほしくてたまらなくなることがありま
したか。
 問4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかが
ありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかな
い、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃の
むかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲、体重増加) 
 問5  問4でうかがった症状を消すために、またタバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
 問6  重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
 問7  タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていてもすうことがありましたか。
 問8  タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
 問9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。 
 問10  タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

                                         

判定結果

ニコチン依存症のスクリーニングテスト    点

 合計点が 5 点以上: ニコチン依存度 高い
 合計点が 4 点以下: ニコチン依存度 低い

下記よりダウンロードしていただけます。
 ニコチン依存症スクリーニングテスト:(PDF 139KB)


治療の流れ  
  

経 過 回 数 内 容
禁煙開始 開 始 ・問 診         
・診 察         
・禁煙に向けてのアドバイス
・ニコチン製剤の処方   

2週間後 再診1
・呼気一酸化炭素濃度の測定
・診 察         
・禁煙にむけてのアドバイス
・ニコチン製剤の処方    
4週間後 再診2
8週間後 再診3
 12週間後 再診4

  ※合計5回の診察が必要となります。
    


禁煙外来かかる1回の診療費  
  

 項 目 貼り薬
(ニコチネルTTS)
内服薬
(チャンピックス)
ガム
(ニコレット)
 当院 初診料・再診料
ニコチン依存症管理料
処方せん 
3割 約1,800円
1割  約 600円
3割 約1,800円
1割  約 600円
3割 約1,800円
1割  約 600円
 調剤薬局 禁煙補助薬(2週間分)
調剤料
 3割 約2,100円
1割  約 700円
 3割 約2,400円
1割  約 800円
 約2,300円(24個)
※保険外
処方せん不要
 1回の診療費の合計 3割 約3,900円
1割 約1,300円
3割 約4,200円
1割 約1,400円
3割 約4,100円
1割 約2,900円
全5回完了までの
診療費の合計
3割 約18,000円
1割 約 6,000円
3割 約21,000円
1割 約 7,000円
3割 約20,500円
1割 約14,500円


  ※ガム(ニコレット)については、保険対象外です。
   ドラッグストアでも購入可能です。  


禁煙の薬はどんな薬?  
  禁煙のための補助薬には、貼り薬(ニコチネルTTS)、内服薬(
  チャンピックス錠)、ガム(ニコレット)の3種類があります。
  これらの薬は禁煙後の離脱症状(タバコが吸いたくなる、イ
  ライラ、欲求不満、怒りを感じる、落ち着きがなくなる、不
  安を感じる、集中できなくなる、寝つきが悪くなる、食欲が
  増すなど)を抑え禁煙を助けてくれます。貼り薬、ガムを使
  うと禁煙の成功率が約2倍、内服薬を使うと約3倍高まりま
  す。
  


貼り薬
(ニコチネルTTS)

内服薬
(チャンピックス錠)
ガム
(ニコレット)
 


・ニコチンを皮膚から吸収
 させる貼り薬です。
・毎日1枚皮膚に貼り離脱
 症状を抑制します。
・禁煙開始日から使用し8
 週刊の使用期間を目安に
 貼り薬のサイズが大きい
 ものから小さいものに切
 り替えて使用します。
・ニコチンを含まない飲み
 薬です。
・禁煙時の離脱症状だけで
 なく喫煙による満足感を
 も抑制します。
・禁煙を開始する1週間前
 からのみ始め、12週間
 服用します。
・口の中の粘膜からニコチ
 ンを吸収させるガム製剤
 です。
・タバコを吸いたくなった
 時に1回1個をゆっくり
 間をおきながらかみ、離
 脱症状を抑制します。
・禁煙開始日から使用し12
 週間の使用時間を目安に
 使用個数を減らしていき
 ます。 

1.使用法が簡単(貼り薬) 
2.安定した血中濃度の維
  持が可能。
3.食欲抑制効果により体
  重増加の軽減が期待で
  きる
1.使用法が簡単(飲み薬)
2.ニコチンを含まない。
3.離脱症状だけでなく喫
  煙による満足感も抑制
4.循環器疾患患者に使い
  やすい。 
1.短時間で効果が発現。 
2.ニコチン摂取量の自己
  調節が可能。
3.口寂しさを補うことが
  可能。
4.食欲抑制効果により体
  増加の軽減が期待でき
  る。

1.突然の喫煙欲求に対処
  できない。
2.汗をかく、スポーツを
  する人は使いにくい。
   
1.突然の喫煙欲求に対処
  できない。
1.噛み方の指導が必要。
2.歯の状態や職業によっ
  は使用しにくい場合が
  ある。 




ページのトップへ戻る