腎臓病センター

透析室Dialysis

コンピューターによる安全集中管理と、広々とした開放的な透析室

当院の透析室は「患者さんにとって最良の透析医療の提供」を基本理念として、昭和57年1月に開設、血液透析を中心に腹膜透析及び、血液浄化業務全般を行なっています。また、コンピューターによる透析装置の集中管理システムをいち早く導入、より安全で快適な透析を目指しています。
新病院の透析室は、外来患者さんの透析フロアが約298m²、入院患者さんの透析フロアが約229m²と、広々とした開放的な空間にて透析治療を行うことができます。また、食堂を兼ねたラウンジは、皆さんのコミュニケーションの場となることにより、通院する辛さも幾分和らぐのではないでしょうか。現在、およそ170名の患者さんが通っていらっしゃいます。

我が国での透析医療の進歩はめざましく、初めて透析が行なわれてから45年足らずで世界の頂点に立つほどになりました。これからも、時代の波に取り残されることなく、日々勉強、努力を重ね、最高の透析を提供し続けていきたいと考えています。

透析室のご案内

当院透析室は、1フロアに外来専用透析ベッド48床、入院専用透析ベッド22床(内個室ベッド2床)の70床で稼働しております。重症透析患者様用には、4階病棟および5階病棟の個室に2床ずつ合計4床の透析専用ベッドを設置しています。透析室設置の個室は、感染症にも対応しており、陰圧換気とし、個別空調となっています。また、当院透析室は、血液透析、腹膜透析のみならず、血液浄化療法すべてを行える施設となっています。

血液透析は、月水金は午前透析、午後透析、夜間透析、オーバーナイト透析の4部体制、火木土は午前透析のみの一部制で行っています。

透析開始時間
午前透析 8:15~
午後透析 13:15~ - - -
夜間透析 17:00~ - - -
オーバーナイト透析 
19:00~
- - -

※血液透析療法の通院には、無料送迎サービスも行っております。

水処理

透析液に使用する水には細心の注意をはらい、常にきれいな水の供給を心がけ、水処理室には外からの埃等が入らないよう陽圧室としています。
透析装置すべてで、エンドトキシン濃度は「常に検出限界以下」に保たれていますので、安心して透析治療が受けられます。

血液透析

最新のコンピューターシステムを導入し、血液濾過透析(HDF)にも対応可能です。

腹膜透析

国が勧める在宅医療の一つととらえ、腹膜透析療法を行っています。月1回の外来フォローに加え、定期的に腹膜機能検査(1回/年)透析効率測定(2回/年)を実施し、最新の血液検査結果は郵送にてお届けしています。

血液浄化

潰瘍性大腸炎には、消化器内科医が担当し顆粒球吸着療法(GCAP)を行っています。この療法は1回の治療が2時間程度掛かりますが、当院では患者様の都合に合わせ日中~夜間すべての時間で対応可能としています。その他の血液浄化も随時受け付けています。

自主機能評価指標

施設の状況
施設の役割 社会医療法人
病床数 147床
透析ベッド数 74床(内病棟4床)
施設の機能
月水金 8:00~翌朝8:00
火木土 8:00~14:00
長時間透析
オーバーナイト透析
Offline-HDF
Online-HDF
CAPD
シャント手術
シャントPTA
医療スタッフ
透析医師数 7名
看護師 15名

認定看護師 透析1名
感染1名
透析技術認定士 2名
臨床工学技士 10名
患者の状況
外来 115名
入院 51名
年間透析数 26,558件
1日平均 84.3件
入院率 37.2%
平均年齢
外来 男65歳・女69.3歳
入院 男75歳・女79.2歳
治療指標
Hb10.0g/dL以上 80.6%
Hb平均 11.2g/dL
P管理(6.0未満) 84.5%
P平均 4.8g/dL
PTH管理(240pg/mL)以下 84.1%
透析量
(KT/V1.2以上)
69.6%
平均 1.37

2020年4月1日時点

日本透析医会の透析医療の自主機能評価指標に基づく

臨時透析を希望される皆様へ

当院では、旅行や出張等に伴う単回透析を随時承っております。透析回数に関わらずご相談ください。申込みは、電話またはホームページの問い合わせ欄からお願いします。

申込の流れ

予約は、透析ベッドの空き状況にもよりますが、透析予定日の1~2ヶ月前より予約を受け付けております。申込みの際にご確認ください。また、予約時は、現在かかられている医療施設の連絡先もご用意ください。

ご用意頂くもの

  • 保険証・身体障害者手帳・特定疾病受領証
  • 診療情報提供書
  • 透析条件記載用紙(当院指定のものがございます)
  • その他
    • 透析記録等
  • タオル・パジャマ類(有料にて貸与可能です)
    • 病衣…¥150
    • タオル(大)…¥150
    • タオル(小)…¥50
    • スリッパ…無料
  • お食事は、ご希望により有料にて提供可能です。(税込¥500)

※キャンセルの場合は、なるべく早めのご連絡をお願いします。

  • 透析時間は、4時間まで承ります。
  • 除水量は当院規定により、決めさせて頂いています。
  • 感染症をお持ちの方は、月水金の午前透析はご遠慮頂いております。

Q&A

Q. 慢性腎臓病といわれました。

当院では、慢性腎臓病の教育入院を実施しています。これから病気とどう向き合い、どういう生活を送っていかなければならないかなど、詳しい検査を行い医師のみならず、それぞれの専門家がチームとなり、サポートさせて頂いています。慢性腎臓病でお悩みの方は、一度相談することをお奨め致します。

Q. 通院がつらくなってきた。通院に介助が必要になった。

当院では、無料送迎サービスを行っています。最近通院に不安がある、歩行には介助が必要などのお悩みの方は、一度ご連絡ください。当院の送迎サービスは個別送迎が基本です。

Q. 健康診断で検尿の異常を指摘されました。

検尿の異常=腎臓病とはなりませんが、たんぱく尿を指摘された場合は、精密検査をお奨め致します。当院受診の際は、お電話にて予約してから受診して頂くとスムーズに診察を受けることができます。

Q. 旅行透析を受けたい。

随時受け付けを行っています。HPの「臨時透析をご希望される皆様へ」をご覧ください。

Q. 食事管理、栄養管理に自信がない。

当院管理栄養士が疑問、質問にお答えします。また当院では1年に一度調理実習を行い、毎年たくさんの方が調理を経験されています。無料DVDの配布も行っていますのでご相談ください。

Q. 腎臓病を指摘されたが、今後の生活に不安がある。

当院では専門の相談員(MSW)が福祉やサービスなどの相談を受け付けております。